トヨタ

モータースポーツ活動を
「TOYOTA GAZOO Racing」に一本化

トヨタ自動車は7月4日から、「もっといいクルマづくり」に対する思いと、その実現のために行っているモータースポーツ活動を伝えるため「TOYOTA GAZOO Racing」(TGR)の名称の下、コミュニケーションを本格的に開始した。

TGRは、世界的なレースなどへの挑戦を通して、いいクルマをつくり出すための「人づくり」を行っている。トヨタ自動車は今年4月にモータースポーツ本部を発足させ、同社のモータースポーツ活動をTGRとして一本化した。

豊田章男社長は「創業者が貫いた、モータースポーツ活動がクルマの進化、自動車産業の発展に不可欠だという思いを受け継ぎ、“道が人を鍛える。人がクルマをつくる”を実践することでクルマファンの拡大に結び付けたい」とコメントした。

 

新しく公開されたウェブサイトhttp://gazooracing.com/)では、TGRが参戦するモータースポーツに関するさまざまな話題をメーンに多くの画像・映像を提供し、コアなファンから新規ユーザーまで、幅広い顧客が満足できるコミュニケ―ションを目指す。

「宣言/悔しさ」編

「宣言/摩擦」編

また7月4日からは、TGRの世界観を伝えるテレビCM「宣言/壁を壊せ」編など4編を順次放送している。ナレーターにミュージシャンのチバユウスケさんを起用し「トヨタよ、トヨタの作った、その壁を壊せ。」や「クルマを退屈にしたすべてのものにサヨナラだ。」など、力強いナレーションでメッセージを発信する。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ