新広告賞「AICHI AD AWORD 2015」
入賞作が出そろう


愛知広告協会は7月15日、新しい広告賞「AICHI AD AWARDS 2015」の贈賞式を名古屋市の国際デザインセンターで開催した。また同会場では受賞作の作品展が行われている(20日まで)。

AICHI AD AWARDS 2015
グランプリ受賞者代表の新東通信・長谷川裕晃さん(左から2番目)、同・松下晃平さん(左から3番目)と、中部デザイン団体協議会・岡本滋夫名誉会長(左)、中島信也審査員長(右)

同協会は県内の広告クリエーターの連携と育成を目的に「愛知広告協会賞」を39回にわたって開催してきた。40回目を迎える今年、その内容を刷新し、“クリエーターによるクリエーターのための広告賞”「AICHI AD AWORD 2015」をスタートさせた。

審査員には東北新社・中島信也氏、新村デザイン事務所・新村則人氏、谷山広告・谷山雅計氏、電通中部支社・土橋通仁氏、もり・原野守弘氏、ワンスカイ・福里真一氏の、トップクリエーター陣を迎えた。

グランプリに輝いたのは、新東通信がエントリーした住宅総合メンテナンス企業・雨宮の「ハトに困ったら雨宮」キャンペーン。その他、受賞一覧と審査員の講評は愛知広告協会ウェブサイトで閲覧することができる。

【AICHI AD AWARDS 2015 優秀広告作品展】
会期:2015年7月15日(水)~20日(月)11:00~19:00
会場:国際デザインセンター デザインギャラリー(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク・デザインセンタービル4階)
詳細:愛知広告協会ウェブサイト
http://www.aichi-ad.or.jp/aichi-ad-awards-2015/

AICHI AD AWARDS 2015 優秀広告作品展

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ