東京ガス 

東京2020オフィシャルパートナーに

東京ガスは7月27日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と、2020年東京大会のスポンサーシッププログラムを締結し、オフィシャルパートナーに決定した。

契約カテゴリーは「ガス・ガス公共サービス」。

広瀬道明社長は「首都圏でのエネルギー供給を担う地元企業として、大会のスムーズな運営に協力し、特に障がい者スポーツの支援の拡充を通じて、大会の成功に貢献したい」とコメントした。

 

東京2020スポンサーシッププログラムは、国内最上位のゴールドパートナー、オフィシャルパートナー、オフィシャルサポーターからなり、2020年大会を含む6年間に及ぶオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーで、呼称やエンブレムの使用などの権利を行使できる。

現在、ゴールドパートナーは13社、オフィシャルパートナーは東京ガスの決定で3社となった。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ