マツケン、犬山城に変身!

愛知県のプレミアム付き宿泊・観光券発売

愛知県は7月27日から、プレミアム付き宿泊・観光券「モノスゴ愛知でマツ券」の第1期受付を開始し、同31日には発売を記念したPRイベントを、東京・千代田区の砂防会館で開催した。

 

同券は、額面5000円分の宿泊券を2500円で、1000円分の観光券を750円で購入できる得なプレミアム券だ。インターネットやスマートフォン、はがきによる申し込みができる。

これにより、同県への観光客の増加が期待されている。

ステージには、同県の広報キャラクターに就任した俳優の松平健さんが登壇した。

松平さんは、キャンペーン「モノスゴ愛知でマツケン(待つ県)」で県内の観光名所や名産品にちなんだ5種類の衣装を着用したが、当日は国宝・犬山城をモチーフにした華やかなコスチュームを披露した。

大村秀章知事は、日本有数の産業県である愛知グルメや歴史・文化などさまざまな魅力を説明し、それらを活用したインバウンド施策について発表した。

松平さんは「今まで多くの衣装を着てきたが、ここまでのものは初めての経験」と笑いながら「あまたの著名な出身者の中から選ばれて光栄だ。精いっぱい、県のPRをしていきたい」と力強くあいさつした。

キャンペーンサイト(http://www.monosugo-aichi.jp/)では、松平さんが出演する動画「こちらマツケン。こちら愛知県」が視聴できる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ