アド・ミュージアム東京で第68回「広告電通賞展」開催

第68回「広告電通賞展」が、8月6日から汐留のアド・ミュージアム東京で開かれている。主催は吉田秀雄記念事業財団と広告電通賞審議会。8月30日までの前期と、9月26日までの後期の構成で61点の全受賞作品を紹介する。

第68回「広告電通賞展」

今回はパナソニックが「乾電池エボルタ」の動力だけで走るオリジナル電車を作製し、電車そのものを広告媒体として機能させて「アウトドア広告電通賞」を獲得。同社は「ラジオ広告電通賞」をはじめ「新聞広告」「雑誌広告」「テレビ広告」で総計8つの賞を受賞し、最高賞の「総合広告電通賞」に輝いた。

1947年(昭和22年)に新聞広告を対象として始まった同賞は現在、8種目27部門に及ぶ、あらゆる媒体を網羅した、日本の広告界を代表する総合広告賞になっている。


第68回「広告電通賞展」開催概要
主催: 吉田秀雄記念事業財団/広告電通賞審議会
協力:電通
会期:【前期】8月6日(木)~8月30日(日)(総合広告電通賞、ラジオ、テレビ、アウトドア、デジタル、プロモーション)、【後期】9月2日(火)~9月26日(土)(総合広告電通賞、新聞、雑誌、インテグレーテッド・キャンペーン、地区賞)
会場:アド・ミュージアム東京(東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留)
開館時間:【平日】午前11時~午後6時30分(最終入館:午後6時)
【土曜・祝日】午前11時~午後4時30分(最終入館:午後4時)
休館日:日曜・月曜(月曜が祝日・振替休日の場合は翌平日。なお8月9、16、23、30日は開館)、
広告図書館は日曜・月曜・祝・振替休日
入場料:無料

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ