ヤマトホールディングス 

東京2020スポンサーシップ契約を締結

ヤマトホールディングスと東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は8月10日、スポンサーシップ契約を締結し、同社は大会オフィシャルパートナーに決定した。契約カテゴリーは「荷物輸送サービス」。

同社の山内雅喜社長は「当社ならではの付加価値の高い物流で、大会が掲げる史上最高の大会の実現を支援したい。また、レガシーの創造や訪日客が手ぶらで日本を満喫できるサービスなど、もてなしと経済効果の地方への波及に物流面で寄与していく」とコメントを出した。

 

現在、東京2020スポンサーシップは、国内最上位のゴールドパートナーが13社決定済で、オフィシャルパートナーは同社で4社目となった。

同組織委オフィシャルサイト: https://tokyo2020.jp/jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ