「コカ・コーラ スリムボトル」の
アート作品が伊勢丹に集結!

日本コカ・コーラと三越伊勢丹は、今年7月に日本に初導入されたコカ・コーラの「スリムボトル」を題材にしたアート作品(アートスリムボトル)の制作を、日本で活躍するアーティストやクリエーターに依頼。その全76点の作品を、8月12~17日まで東京の伊勢丹新宿店本館で展示している。

同企画は、コカ・コーラを象徴する美しいカーブを描いたガラス製のボトル(コンツアーボトル)が、今年で誕生から100年を迎えることを記念したもの。アートスリムボトルは展示とともににチャリティ募集(8月12日~9月1日)が行われ、後日応募者に進呈される。チャリティ金は、東日本大震災復興支援プロジェクトとして、東北の子どもたちとその家族を対象に、アートによる教育支援を行っている「こども芸術の家」に全額寄付される。

アートスリムボトルチャリティ:http://www.miguide.jp/asbc2015/

 

展示初日の12日にはプレスプレビューが行われ、「アートスリムボトルチャリティ」に賛同し作品を制作したアーティストを代表して、ミュージシャンで芸術家の石井竜也さんがゲストとして来場した。コカ・コーラの赤に合わせたファッションで登場した石井さんは、「ボトルの曲線を残しながら、美しく色分けするのに苦労した」と、手塗りで仕上げたという自身の作品を語った。

また「個人的にもチャリティやドネーションは行うが、規模の大きな企業同士の活動はとても有意義だ」と企画に賛同した理由を述べ「東北や日本、そして世界のために制作した作品を通して多くの人にハッピーを届けられたらうれしい」とコメントした。

 

伊勢丹新宿店本館・メンズ館では8月12~24日、コカ・コーラとのコラボレーションベントやコカ・コーラ ボトル100周年記念アイテムの販売も行われている。

「イセタン アート&クリエーションフェスタ2015」:

http://www.isetanguide.com/20150812/art/coke/

 

関連記事: http://dentsu-ho.com/articles/2811

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ