森永製菓

世界一? 過酷な“コミケ”に「10秒チャージ隊」出動!
大スペクタクルなサバイバル動画も公開

マンガ・アニメ・ゲームなどの同人誌の展示即売会「コミックマーケット(コミケ)88」(主催=コミックマーケット準備会)が8月14~16日、江東区の東京ビッグサイトで開催されている。

コミケは1975年の第1回開催以降、年々規模と参加者が拡大し、近年では出展者が約3万5000人、参加者は50万~60万人になる1民間団体の主催としては国内最大級の屋内イベント。“88”は第88回を表す。夏と冬にそれぞれ3日間開催され、特に夏は暑さと混雑で過酷なイベントとして知られる。毎回、入場待ちの大行列がニュース番組などで話題になるほどだ。

森永製菓は期間中、会場内に企業ブース「in ゼリー」を初出展し、ゼリー飲料「ウイダーinゼリー」を販売する。参加者の熱中症対策や栄養補給に役立ててもらうのが狙い。

ブースでは、数人の筋肉隆々の男性で構成された「10秒チャージ隊」が出動。「お姫様マッチョ」や「筋肉乱舞」などのスタイルで購入者と記念撮影。ウイダーで一息付き、チャージ隊と気合を入れた参加者は、元気に本会場に足を向けた。

ウイダーの購入者には、人気イラストレーターのChamooi氏とコラボレーションしたオリジナルステッカーがプレゼントされ、ブースは終日にぎわいを見せた。

同社はブース出展に加え、コミケの過酷さと暗黙のルールを解説した、コミケ非公式ハウツー動画「HOW TO SURVIVE COMIC MARKET」を制作し特設サイト(www.weider-jp.com/know/C88)で公開している。英語の字幕も入り、海外からの参加者対策も抜かりない。

コミケに参加する1人のOTAKUを主人公に、「西・東ホールを間違えない」「コスプレーヤーの撮影には了承を取る」「なるべく小銭で支払う」などコミケを生き抜く11のルールを、大スペクタクルで描く。アイドルグループ「虹のコンキスタドール」の鶴見萌さんと重松佑佳さんが出演している。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ