電通、テレビCMとオンライン動画・ディスプレイ広告を統合した
テレビ×デジタル広告出稿最適化ツール「クロスメディア・プランナー」を開発

電通は、顧客企業からのニーズが高まっているテレビCMとオンラインの動画・ディスプレイ広告の出稿を統合的に最適化するツール「d-holistics® Cross Media Planner(クロスメディア・プランナー、以下「Cross Media Planner」)」を開発した。シングルソース(同一の調査対象者)でメディア接触や購買行動が統合分析できる電通オリジナルのデータベース環境「d-holistics®※」(ディー・ホリスティクス)を活用している。

近年、消費者のコンタクトポイントが多様化する中で、キャンペーンを成功に導くためには、デジタル広告メニューとテレビCMを掛け合わせて、効率的かつ効果的なメディアプランニングを行う必要がある。

今回開発したCross Media Plannerは、とりわけテレビCMとの親和性が高く、近年急速に進展しているオンラインの動画やディスプレイ広告を含む運用型広告に対応したもので、「リーチ」「キャンペーン認知」「ブランド認知」「購入意向」などの指標をシミュレーションすることにより、最適な出稿を可能にする。従来から提供していたテレビCM単体の最適化(コスト、局比率、スケジュールなど)と組み合わせることで、顧客企業のさまざまなクロスメディア出稿ニーズに適応することができる。

※d-holistics®とは、同一個人の購買行動データとテレビ接触、ウェブ/モバイル接触、意識・価値観関連のデータを紐づけし、各施策の到達状況から購買までの関係を統合的に分析することができる、独自のシングルソースデータベース。株式会社インテージが保有する消費者パネル(SCI/i-SSP)を対象に、クロスメディアによる「メディア接触調査」をインテージ社と共同で実施している。

詳細は、http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0926-003826.html

Cross Media Plannerのロゴマーク

Cross Media Plannerのユーザーインターフェース/シミュレーションイメージ

ユーザーインターフェース ※イメージ

リーチシミュレーション ※イメージ

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ