「あっつ~い炭酸飲料」の「あっつ~い開発物語」

日本コカ・コーラは10月21日、コカ・コーラ史上初のホット炭酸飲料「カナダドライ ホットジンジャーエール」を全国発売。23日からキャンペーンを展開し、テレビCM「あっつ~い炭酸工場」編を放送している。

ブランドサイトでは、同社の架空の工場長が「あっつ~い炭酸」の開発を思い立ち、試行錯誤しながら製品を完成させるストーリーを、ドキュメンタリータッチでつづった開発物語5話を公開、テレビCMとともに視聴できる。実際の製品開発も4年の歳月をかけた。

「カナダドライ ホットジンジャーエール」サイト canadadry.jp

10月23日には、発売記念のPRイベントを東京・新宿髙島屋のイベントスペースで実施し、ゲストにお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の3人が登場した。

メンバーの上島竜兵さんは、得意のリアクション芸「熱湯風呂」を披露。風呂から上がり「氷より冷たい炭酸飲料」を飲んだはずの上島さんは「うわっ、これ温かい」と不思議そうな表情。上島さんだけには、ホットではなく冷たい飲料のイベントだと伝えてある、というドッキリが仕掛けられていて会場の笑いを誘った。

「あっつ~いドッキリ」に引っ掛かった、ダチョウ倶楽部の上島さん

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ