電通がマレーシアとタイにプロモーション専門の営業拠点を設立

電通のアジア地域におけるプロモーション事業のさらなる拡大を目的に、マレーシアとタイにプロモーション専門の営業拠点を設立

株式会社電通の子会社である株式会社電通テックは、クライアントのアジアでのプロモーションニーズに応えるため、新たに2つの新会社「プロモテック シナジー(マレーシア)」と「プロモテック タイランド」を設立する。

急速に消費市場が拡大し、高品質なコミュニケーションサービスが求められるようになっているマレーシアとタイでは、店舗開発、店頭プロモーション、イベントなどのプロモーション関連業務の引き合いが急増。電通では、企画から実施までワンストップで行う専門会社のニーズがあると判断し、新会社を設立した。

アジアにおけるプロモーション専門の営業拠点はプロモテックブランド”で展開

電通グループは、アジア地域におけるプロモーション事業の拡大に向けて、2011年10月に中核を担う営業拠点「プロモテック」(電通テック子会社)をシンガポールに立ち上げ、2012年3月にはインドとインドネシアにプロモテック子会社を設立、2013年6月にはベトナムでの営業を開始し、着実な事業の拡大を図っている。今回新たに2カ国の拠点が加わったことで、 “プロモテックブランド”で展開する、アジアにおけるプロモーション専門の営業拠点は6つとなった。

電通グループのアジアネットワークと連係し、多様なプロモーションニーズに対応

今後、「プロモテック シナジー」と「プロモテック タイランド」は、すでに営業を開始している他の4つの営業拠点と同様に、現地における有力なプロモーション専門会社としてのポジションの早期確立を目指す。なお、事業展開に当たっては、電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」傘下で、電通グループのアセアン・オセアニア地域の事業を統括する「電通アジア」および「イージス・メディア」のアジアネットワークとの連携を密にし、当該国や近隣各国で高まる多様なプロモーションニーズに対応する。

 

電通NEWS RELEASE http://www.dentsu.co.jp/news/release/2013/pdf/2013114-1031.pdf

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ