電通、オンライン動画制作のグループ横断専門チーム「鬼ムービー」を発足

 

電通は、昨今のオンライン動画市場の広がりと広告主ニーズの高まりを受け、オンライン動画関連のプロフェッショナルメンバーを集めたグループ横断組織、チーム「鬼ムービー」を発足させた。

オンライン動画市場は、グローバルのみならず国内でも拡大を続けており、今後もさらなる注目が集まる分野。また、企業のマーケティング活動の中におけるオンライン動画活用の重要性も日々高まってきている。

こうしたニーズに応えると共に、オンライン動画をより効果的な課題解決にする専門チームが「鬼ムービー」である。オンライン動画制作の専門家に加え、最適なメディアの活用法を提案するメディアの専門家、さらに生活者の言葉に乗りやすい効果的なPR文脈を設計するPRの専門家などがチームを編成しワンストップで対応する。それぞれの専門家が持つ知見やノウハウを生かすことで、新しい動画技術、新しいメディアの開発、新しいコンテンツの作り方や発信方法など、動画を主軸とした、最適かつ先進的なコミュニケーションのあり方を提案していく。

■「鬼ムービー」のロゴマーク

<意味>

鬼ヤバい・鬼泣ける・鬼かわいいなど、オンライン上の動画を楽しむ世代が使用する「鬼」という言葉に着目し、鬼○○な動画を生み出すチームという意味を込めた。

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0828-004132.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ