電通が運用するベンチャーファンド「電通ベンチャーズ」、
「Agolo」開発の「ニノー社」に出資

電通が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」(電通ベンチャーズ)は、「要約コンテンツ」を自動生成するプラットフォーム「Agolo」(アゴロ)を開発したことで知られるNinoh, Inc.(ニノー社)に出資したと発表した。

電通ベンチャーズは、まだ見ぬ未来を作り出していく野心的なスタートアップ企業への投資と、投資先との協業を通した同社グループのオープンイノベーションを実現するために、本年4月に設立したファンド。資金提供のみならず、同社グループならではの課題解決に向けたソリューションやリソースを提供することで事業や起業家を支援していく。その第2号案件がニノー社になった。

ニノー社は、独自の自然言語およびビッグデータの解析エンジンにより、レポート、記事、SNS投稿、ニュース、画像データなどを含む膨大な非構造化データを瞬時に分類・整理した上で再編集し、人々が知りたい「要約コンテンツ」を自動生成するプラットフォーム「Agolo」を開発している。

電通ベンチャーズは、ますます多様化・細分化していくメディアやデバイス環境の中では、加速度的に増大する情報の中から個々のニーズにマッチした精度の高いコンテンツを自動生成できるAgoloの技術の重要性がますます高まっていくと見ている。この技術により、新しい形のメディア・コンテンツの生成やコンテンツマーケティングの自動化、またコンテンツ連動広告などのビジネス発展が期待される。

今後、同社グループでは、Agoloの普及と新しいビジネス開発を支援していく。

ニノー社ならびに電通ベンチャーズの概要は以下のとおり。

<ニノー社の概要>
社名:Ninoh, Inc.
本社所在地:米国ニューヨーク州ニューヨーク市
代表者:Sage Wohns(CEO)
従業員数:4人
事業内容:「要約コンテンツ」自動生成プラットフォーム「Agolo」を開発
URL:http://www.agolo.com/

<電通ベンチャーズの概要>
名称:電通ベンチャーズ1号グローバルファンド(Dentsu Ventures Global Fund I)
ファンド総額:50億円
ファンド組成時期:2015年4月
運用期間:2022年3月までの7年間を予定
投資地域:欧米・アジアなどの海外を中心に、グローバルに投資
投資ステージ:シード/アーリーステージを中心としつつ、ミッド/レイターステージも含む幅広いバランス投資
投資領域:
 (1)広義のマーケティング/コミュニケーションビジネスを変革しうる領域

 (2)上記に当てはまらなくともイノベーティブでポテンシャルの高い新領域

URL:http://dentsu-v.com/

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0828-004131.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ