東京都
防災ブック「東京防災」を、全家庭に配布開始

東京都は、首都直下型地震などの災害に対する備えを知ってもらおうと、日頃から活用してもらえる防災ブック「東京防災」を作成し、9月1日から都の全家庭に向けて順次発送を開始した。

住所に合わせた「防災MAP」が同封される

これに先立つ8月31日、新宿区の都庁都民広場でキックオフイベントが行われた。

舛添要一知事は、近い将来に東京で大地震が起こる可能性について触れ、過去にスイス政府が国民に対して配布した危機管理本「民間防衛」の災害バージョンを思い付いたと話した。また「手元に届いたらすぐに読んで、できることは今から準備してほしい。自助・共助を心掛け、東京を世界一災害に強い都市にしていきましょう」とあいさつした。

ステージに、ゲストのアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の5人が「東京防災」Tシャツで登場すると、同じTシャツを着たファンから大歓声が起きた。メンバーは「私たち、今、会えるアイドル…」といういつものフレーズを「私たち、防災アイドル、週末ヒロイン、ももいろクローバーZ!!」に変えて元気に自己紹介した。

舛添知事は、マスコットキャラクターの「防サイくん」のリュックサックから「東京防災」を取り出し、メンバーに贈呈。メンバーは「災害への備えは大切だが、つい後回しにしてしまう」「本の中には、イラストやマンガがたくさん使われていて親しみやすい」「持ち運びやすい」などと語った。

「防サイくん」

東京都出身のサイの子ども(3歳)

好きな防災アクションは“机の下に潜る“

「今!やろう!」が口ぐせ

舛添知事は「本は、高層ビルや複雑な交通機関など、大都会特有の状況への対処に特化した。とにかく命を第一に考えてほしい」と述べた。また今後は英語版も作成するとともに、韓国、中国出身者に向けて電子版を用意しダウンロードしてもらう予定だと表明。

最後に全員で「今、やろう!」「東京防災!」と声を合わせて宣言した。

東京都防災ホームページ:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ