電通第4代社長・吉田秀雄の執務室を一般公開

吉田秀雄記念事業財団は創立50周年事業の一環として、東京・中央区の電通銀座ビル4階に保存してある電通第4代社長・吉田秀雄の社長執務室を9月24日、10月1、8、15、22日の5日間、12~13時のみ一般公開する。入場は無料。

当時の社長室
「広告の鬼」は気配りと人間味あふれる人情家でもあったという

吉田は1947年に社長に就任。戦後日本で広告の近代化に身をささげ、「広告の鬼」と呼ばれた。広告取引の透明化・民間放送の実現、PR、マーケティング、アカウント・エグゼクティブ制の導入、クリエーティブの向上、広告関連団体の組織化、そして広告界の国際化に至るまで、その先見と献身・挑戦者魂は、今に受け継がれている。

執務室には吉田の遺訓である「電通鬼十則」の自筆や、病床で書いた役員宛ての書簡、デスマスクなども展示し、生涯を広告にささげた吉田の志を感じることができる。


【電通第4代社長・吉田秀雄執務室 一般公開概要】
公開日:9月24日(木)、10月1日(木)、8日(木)、15日(木)、22日(木)
公開時間:12~13時
場所:中央区銀座7-4-17 電通銀座ビル4階
問い合わせ:吉田秀雄記念事業財団 03-3575-1384(事前申し込みは不要)

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ