Netflixが日本でのサービススタート
開始記念イベントで山里亮太さんに永久会員権を贈呈

ソフトバンクとNetflixの日本法人であるNetflix株式会社は9月2日から日本国内でNetflixのサービスが開始されることを記念して、同日に東京・ソフトバンク銀座でサービス開始記念イベントを開催した。

Netflixは、世界50カ国以上で6500万人を超える会員を抱えるストリーミング動画サービスで、1日当たりの総配信時間は1億時間を超える。オリジナルコンテンツを含むテレビドラマや映画などが月額定額制で配信され、多様なインターネット接続デバイスから、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴が可能。CMは入らず、一時停止/再開機能やHD・4Kに対応している。

当日はNetflix本社の創業者・CEOリード・ヘイスティング氏とゲストとして山里亮太さん(南海キャンディーズ)が来場した。

司会者の紹介で山里さんが元気よく「皆さま〜こんにちは〜」と登場してトークセッションがスタート。

「サービス開始は本当にうれしいです。なんといっても世界最大級ですからねぇ。新幹線などの移動の時にはありがたいですよ」と山里さん。

続いて山里さんのスマートフォンを使ってストリーミングの実演をした。Netflixオリジナルシリーズの中から人気アメコミ原作の本格アクションドラマ「デアデビル」を実際に視聴。ストレスのないスムーズな画面に会場の注目が集まった。

次に山里さんがスタジオ出演している人気番組「テラスハウス」の新シーズンを再生しているところに、ヘイスティング氏がサプライズで壇上に。驚く山里さんに永久会員権をプレゼントした。山里さんは感謝感激の様子でヘイスティング氏と固い握手をかわしながら「これからもガンガン応援していきますよ!」と宣言してイベントを締めくくった。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ