US発★Netflix 日本を手始めにアジア進出

定額動画配信サービス世界最大手Netflixは9月8日、2016年に韓国、シンガポール、香港および台湾への進出を発表した。すでに9月1日に日本でサービスをスタートさせており、本格的にアジアに進出する。

同社は米国で創業後、南米、カリブ諸国、欧州に事業を拡大。今回のアジア上陸により、16年の終わりまでに一連の世界進出を完了させる。会員は現在、世界50カ国以上で6500万人を超える。

日本における動画サービスは、日本テレビが国内事業を担当するHuluが先行しており、アマゾンも9月下旬に有料会員向けサービスを開始する。定額動画配信の日本での浸透が注目される。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ