汐留メディアリサーチャー時評 #03

「ニュース」がより身近に。キュレーションメディアってどんな位置づけ?

  • 14580463 1225228107497344 1248304897 n
    天野 彬
    株式会社電通 電通総研 メディアイノベーション研究部 研究員

電通総研メディアイノベーション研究部は、メディアや情報通信環境の変化、そしてオーディエンスの動向を探ることをミッションとするシンクタンクです。

ウェブ電通報でもリサーチプロジェクトの知見をお伝えする「インサイトメモ」を連載していますが、この「汐留メディアリサーチャー時評」では、当部ならではのナレッジをベースに、現代のメディア環境に関するトレンドをピックアップし分析と考察を進めていきます。

第3回はニュースをより身近にしたキュレーションメディアというもののオーディエンスにとっての位置づけを考えてみます。

インターネットは情報の流通構造を一変させ、私たちのニュースとの接触の仕方やその向き合い方に大きな変化をもたらしました。近年では多様なニュースソースからそのユーザー自身に向けて最適なニュースを取捨選択し、スマートフォン上に配信するニュースキュレーションアプリが存在感を増しています。

そして、こうした「スマートフォン+ニュース」のこれからを予見させるかのように、Facebookは5月に「Instant Articles」を発表し、モバイルアプリ上で新聞社や雑誌社、バイラルメディアなどから提供された記事をこれまでよりも圧倒的な表示速度でユーザーに届けられるような仕組みを整え始めました。Twitterも6月末から「ニュース」メニューを公式アプリ上で提供開始し、独自のキュレーションサービスを準備しているという観測もされている状況です。

これらは、社会のことを知る「ニュースキュレーション」と、友人のことを知る「SNS」との距離が明確に縮まり始めている兆しと捉えられないでしょうか。

当研究部で実施したアンケート調査によれば、ユーザーにとってキュレーションメディアはSNSや雑誌に近いものだと捉えられていることが判明しました。

まず利用場面についてまとめたものが図表1にあたります。調査上は利用場面について複数回答をしてもらい、それをコレスポンデンス分析にかけていますが、本コラム用に簡易的なチャート表現に改めています(図表2も同様)。ここでは、「待ち時間や休憩時間、コンテンツ通知が届いたとき、他の人との話題を探すとき」などの要因で、キュレーションメディアが雑誌やSNSなどに近いものとして捉えられていることが分かります。

また図表2は同様にして利用目的についてまとめました。「効率よく情報を収集できること、詳しい情報や貴重な情報が手に入ること」といった共通要素によって、キュレーションメディアやSNS、雑誌はクラスターをなしており、図表1の結果と同様にテレビや新聞などとは対照的なポジションを成しているのです。

SNSとキュレーションがとても近いものとして捉えられているその背景には、若年層を中心として、「ニュース」という言葉の持つ意味合いがよりソフトなものへの変化していることも関係しています。「世の中のこと」「社会のこと」というより、「自分の関心のあること」「親しみのある人間関係の中で起こっていること」こそが、チェックするべき「ニュース」として認知される傾向が強くなっているということ。こうした社会文化的な背景も勘案すると、ここまで述べてきたような動向にも得心がいくのではないでしょうか。

かつてメディア研究者のマクルーハンは「メディアはメッセージ」であると主張しました。それにならって私たちも思考するならば、ニュースを得る場所が移り変わることによって、ニュースそのものの内容がどう変化し、私たちの受容の在り方はどのように変わっていくのか――そうした点にも着目することが今求められていると感じています。

電通総研メディアイノベーション研究部「キュレーション時代のニュースとメディアのゆくえ」調査概要
■調査対象者
全国男女15~69歳(中学生除く)を性別・年齢別・居住地区別人口比に応じて割り付け
有効サンプル数 4367人
■調査方法
ウェブ上でのアンケート調査
■調査日時
2015年3月6日(金)~3月9日(月)

プロフィール

  • 14580463 1225228107497344 1248304897 n
    天野 彬
    株式会社電通 電通総研 メディアイノベーション研究部 研究員

    1986年生まれ。東京都出身。東京大学大学院・学際情報学府修士課程修了。
    2012年電通入社後、マーケティング部門、新規事業開発部門を経て、2014年から現職。
    スマートフォンのユーザーリサーチを中心に、現在のメディア環境やオーディエンスインサイトを分析している。
    著書に『二十年先の未来はいま作られている』(2012年、日本経済新聞出版社、共著)、『情報メディア白書2016』(2016年、ダイヤモンド社、共著)。その他レポート執筆やセミナー講師など経験多数。

バックナンバー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ