9月19日〜10月2日、表参道に日光の秋が到来
Antenna WIRED CAFEとのコラボレーションカフェは自治体として全国の初の試み
「Autumn in Nikko」で秋を満喫

栃木県日光市は9月19日、東京・青山の商業型コミュニティースペース「COMMUNE246」内の「Antenna WIRED CAFE」と連携し、期間限定で「日光市×Antenna WIRED CAFE」をオープンした。

 青山・表参道は、日光市が今までプロモーションなどを行ってこなかったエリア。来場者に日光の魅力を知ってもらうことはもちろんのこと、「Autumn in Nikko」をコンセプトに現地のロマンチックな秋の空間を演出することで、これまでなじみのなかった世代にも「日光」をより身近に感じてもらうことが目的だ。

 今回のAntenna WIRED CAFEとの連携は、自治体としては全国初の取り組みとなり、地方と都心とをつなぐ新たな情報発信としても注目される。

 空間プロデュースには、若い男女に人気のライフスタイルプロデューサー村上萌さんを起用し、日光の魅力を都心に居ながら体験してもらえるよう、紅葉シーズンに先駆けて店内の装飾で日光の秋を再現した。

 店内のメニューには、おなじみの日光の湯波を使ったタルタルドッグや、日光の天然氷と果実を使ったスムージーなどスペシャルメニューが登場。

 19日のオープン初日には「紅葉マーケット」を実施。こだわりの地酒、名水サイダーなど名産品の販売が行われ、日光手打ちそばの会による体験ワークショップ、地元業者によるキャンドルづくり体験ワークショップなども開催された。斎藤文夫市長夫妻も来場し、緊張するスタッフを冗談で和ませる場面も見られた。

 晩夏から初秋に移ろう表参道で、深い秋を体験できるこのイベントは、10月2日までの期間限定で行われる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ