ワタシのシゴトを考える。ワタシゴト通信 #03

エリアで違う!?“働きはじめ男子”の仕事に対するホンネ公開!

  •         2
    川合 結子
    株式会社電通  中部支社 顧客ビジネス局マーケティングソリューション部 ストラテジックプランナー

皆さんは、地元と他県とで、仕事に対する意識に違いを感じたことはありますか?

第1回の「“働きはじめ女子”のホンネ調査!~働きやすいエリアはどこだ?編~」では、5大都市圏(東京、大阪、愛知、北海道、福岡)それぞれの20歳代の社会人女性=“働きはじめ女子” による「働きやすさ評価」と一緒に、各エリアの彼女たちの特徴を紹介しました。今回はその番外編として、同じく5大都市圏の20歳代の社会人男性=“働きはじめ男子”の「仕事に対するホンネ」を紹介したいと思います。

※出典:2015年2月実施 電通ワタシゴトプロジェクト“働きはじめ女子”調査
「働くこと」による変化を最も感じていると思われる、20~29歳の“働きはじめ女子”の就労・生活意識調査(調査対象:就職活動を経験した女子大学生、比較のための20歳代男性社会人を含む計1070人)

今回は、この2つのグラフをもとに、各エリアの“働きはじめ男子”自身の「仕事意識」と、「女性が働くこと」に対する意識をみながら、前回お伝えした各エリアの“働きはじめ女子”の特徴や「働きやすさ評価」との関連性を考えてみたいと思います!


■幅広い選択肢の中で、専門領域の開拓を重視する東京

今後希望するキャリアとして、「専門知識や技能を生かして働きたい」が他のエリアに比べてスコアが高かった東京の “働きはじめ男子”。業種も幅広く、豊富な選択肢に恵まれた環境だからこそ、独自のキャリアを構築しようとする意識が強いと推察されます。

また、女性が職場で働くことの利点として、「男性だけでは気がつかない課題に対応することができる」や「職場が活性化する」を回答した人が5エリアと比べて高いスコアとなっています。東京は“働きはじめ女子”が暮らしやすい都市として紹介しましたが、その理由は男性側のシゴト意識も関連していそうですね。

 

■精神的にも経済的にも自立を目指す、上昇志向な大阪男子

働きたいと思う理由として、「働くことが好き」のスコアが高かった大阪エリアの“働きはじめ男子”(注1)。今後のキャリアとして「役員、経営者として働きたい」のスコアが他のエリアと比べて最も高く、出世意欲の強い上昇志向がうかがえます。

また、女性が職場で働くことの利点として、「経済的な自立」と「精神的な自立ができる」のスコアが高いのも特徴的です。前回、大阪の“働きはじめ女子”の働くモチベーションとして、「自由に使えるお金を増やしたい」を特徴として紹介しました。大阪は、経済面だけでなく精神面も含めて、互いの自立性を尊重するエリアなのかもしれません。

(注1)「働くことが好きだから」大阪府36%、福岡県26%、東京都23%、愛知県17%、北海道13%

 

■出世レースよりも、人とのつながり重視派の愛知

愛知の“働きはじめ男子”は、愛知の“働きはじめ女子”と同様に地元志向が比較的強く(注2)働く理由として、「社会や人とのつながりを実感できる」ことを大切だと考えています。(注3)女性が働くことに対しても、「家庭内だけでは得られない経験・体験ができる」ことを評価しており、仕事における人とのつながりを重視する傾向がうかがえます。

(注2)「地元就職を希望する」福岡県70%、愛知県68%、北海道64%、大阪府46%、東京都44%
(注3)「社会や人とのつながりを実感できるから」愛知県31.0%、大阪府20%、東京都19%、北海道17%、福岡県15%

 

■仕事は成長の糧。キャリアアップを目指し、全てに全力投球な福岡

福岡の“働きはじめ男子”は、「管理職として働きたい」と「同じ会社の中でキャリアアップしたい」という仕事意識が他のエリアよりも強いのが特徴です。また女性が働くことに対しても、「仕事を通じた成長を感じることができる」ことを評価しており、“仕事=成長の糧”の意識が感じられます。

「働くことは当たり前」な全力投球型の福岡の“働きはじめ女子”と同様、働くことを人生の一部として捉え、積極的に取り組む姿勢が福岡エリアの特徴なのかもしれません。

 

■起業意欲の強い開拓者気質な北海道

「やりたい仕事がないなら、自分でつくっちゃえ!」マインドが特徴的だった北海道の“働きはじめ女子”でしたが、“働きはじめ男子”も「起業したい」のスコアが高く、どこか似たような開拓者気質がみられます。

前回の「働きやすさ評価」では、「通勤のしやすさ」「業種の幅広さ」など、仕事のしやすさについては5エリアの中でも比較的自己評価が低かった北海道エリアですが、それ故に男女共に、反骨精神が育つ環境なのかもしれません。


以上、各エリアの“働きはじめ男子”の価値観とシゴト意識を、“働きはじめ女子”の特徴を振り返りながらご紹介させていただきました。
各エリアに住む“働きはじめ女子”と“働きはじめ男子”ですが、各エリアの男女間に共通した「仕事意識」が感じられたのではないでしょうか。

エリアによって特徴がありそうな、業種の幅広さや通勤のしやすさなどの仕事環境と、仕事に対する価値観が現れるキャリア意識が密接に関わり合うことで、各エリア特有の「仕事意識」が生まれているのかもしれませんね。
次回も、「働く女性」のキモチをさまざまな切り口から紹介いたします。

 

プロフィール

  •         2
    川合 結子
    株式会社電通  中部支社 顧客ビジネス局マーケティングソリューション部 ストラテジックプランナー

    小・中・高・大学生からOL・主婦など、幅広い層に関する調査に携わり、商品開発、コミュニケーション戦略などのプランニングを行う。

バックナンバー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ