「678chテレビまつり」開催!

岡山の民放テレビ3局合同イベント

RSK山陽放送、TSCテレビせとうち、OHK岡山放送は9月23日、3局合同イベント「678ch*(ろくななはっちゃん)テレビまつり」を岡山市のおかやま未来ホールで開催した。これは岡山県に本社を置く3局が、局の垣根を越えて合同で展開する初めての画期的な取り組み。3局の盛り上げとともに、岡山の街のにぎわいづくりや活性化に貢献したいと行われたもの。抽選で選ばれた約500人が参加した。

プログラムは、3局の社長からスタート。それぞれが色鮮やかなメキシコの民族衣装をまといステージに立ち、楽器の演奏などのパフォーマンスを行った。

左から山陽放送 原 憲一社長、テレビせとうち 川端英男社長、岡山放送 中静敬一郎社長

続いて、各局アナウンサーによるスマホアプリを使ったバンド演奏や朗読会、大人気のアニメのダンスなど、多様なプログラムが繰り広げられ、会場からは熱い声援や大きな拍手が送られた。

今回の幹事社である岡山放送の企業広報担当者は、「番組のコンテンツや視聴率を競う『よきライバル』がその力を結集し、地域のために力を尽くせる『よき仲間』であることを認識できました。地域を元気にという信念の下、大きな一歩を踏み出すことができて、大変うれしく、誇りに思います。厳しさの続くテレビの世界も、よき仲間たちと協力し合って、これからさまざまな可能性を探っていければ」と話した。

3局は、今回のイベントを単発で終わらせず、恒例化することで中長期的に岡山を盛り上げていく予定だ。

*678chは各局のチャンネルID「6」「7」「8」にちなんでいる。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ