電通とレベルファイブ、米国に共同出資会社「レベルファイブ アビー」を設立
― 「妖怪ウォッチ」北米展開の第1弾として、米国でのアニメ放送が決定 ―

電通は、「妖怪ウォッチ」などを手掛けるレベルファイブと、米国に共同出資会社「LEVEL-5 abby Inc.」(レベルファイブ アビー)を8月31日付で設立した。

新会社は、レベルファイブ作品(「妖怪ウォッチ」「ダンボール戦機」「スナックワールド」など)の北米をはじめとする海外事業展開を推進していく。

この度、その第1弾として、米国アニメ専門チャンネルDisney XDでの「妖怪ウォッチ」のアニメ放送(10月5日~)が決定した。

2013年7月にゲームソフト第1作が発売され、2014年1月から日本国内でのアニメ放送が始まった「妖怪ウォッチ」は、ゲーム・コミック・玩具・テレビ・映画といったクロスメディア展開と、大人も子供も楽しめる仕掛けづくりにより、社会現象を巻き起こしている。

レベルファイブ アビーは、当面は米国での「妖怪ウォッチ」のアニメ放送開始後に予定しているゲーム・コミック・玩具の発売などに注力していくが、併せて、グローバルマーケットに特化した新規コンテンツの開発やそのビジネス展開も推進していく。

■新会社の概要

会 社 名: LEVEL-5 abby Inc. 

所 在 地: 米国 カリフォルニア州 サンタモニカ市

代 表 者: 日野 晃博(President/CEO) 

資 本 金: 400万米ドル

株主構成: 電通(49%)/レベルファイブ(51%)

設   立: 2015年8月31日

事業内容: レベルファイブ作品の海外事業展開(アニメ化、商品化等含む)およびグローバルマー       ケット向けの新規コンテンツの開発・展開

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1001-004216.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ