「コーヒーサンバ」で
「国際コーヒーの日」をPR 
(動画あり)

日本コーヒー協会は、10月1日の「国際コーヒーの日」をPRするため、9月中旬からお笑い芸人の渡辺直美さんが出演するプロモーション動画(PV)「コーヒーサンバ」と、それを基にしたウェブCM「コーヒー顔」「空中ミル」「注ぎ続ける」「空中カップ」「コーヒーカオス」の各編を順次公開している(https://youtu.be/USClptF2Y6Y)。日本で流通するコーヒーの3割以上がブラジル産であることから“ブラジルを体現できるタレント”として初のソロPV出演となる渡辺さんを起用した。

PV・CMでは、名曲「コーヒールンバ」をサンバ調にアレンジした「コーヒーサンバ」を渡辺さんが歌う。その歌声と多彩な表情、パフォーマンス、CGによるコミカルなギミックが加えられ、不思議な世界観が表現されている。

同協会は1983年から、10月1日を「コーヒーの日」と定めていたところ、国際コーヒー機関(ICO:世界のコーヒー生産や貿易に関する協定を協議・実施する国際組織)が今年からあらためて同日を「国際コーヒーの日」と制定したもの。

 

10月1日当日、東京・渋谷区のヨシモト∞ホールでは「<国際コーヒーの日>制定記念PRイベント」が行われた。同協会の萩原孝冶郎副会長は「日本での地道な活動が認められ、国際的な記念日になったことはうれしい。これからもコーヒーをたくさん飲んで、くつろぎのひと時を過ごしてほしい」とあいさつした。

ステージには、実際のコーヒー豆で作った撮影用ドレスを着た渡辺さんが登場。ドレスをだめにしてしまったなどの撮影秘話を披露し、司会のお笑い芸人・あべこうじさんと軽妙なトークを展開した。さらに、応援に駆け付けたお笑いコンビのデニスが乱入。日本とブラジルのハーフの植野行雄さんから渡辺さんにコーヒー豆がプレゼントされた後、渡辺さんは「コーヒーサンバ」を熱唱。バックではダンスチーム「コーヒーサンバズ」にデニスも加わったダンスが繰り広げられ会場を盛り上げた。

協会サイト:http://coffee.ajca.or.jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ