電通、インティメート・マージャーおよびデータアーティストと協業
―クラウド型データ解析プラットフォーム「Dentsu.io」の機能を拡張 ―

電通は10月6日、クラウドを活用したマーケティング・コミュニケーションの高速PDCA(Plan<計画>→Do<実行>→Check<評価>→Action<改善>)により、企業の意思決定をサポートする管理指標を可視化したデータ解析プラットフォーム「Dentsu.io」(電通アイ・オー)の機能を拡張し、新たに潜在顧客の発見から顧客化・育成までをワンストップで実現する形へと進化させ、同日からサービスを開始したと発表した。

社内外のデータの統合・一元化と運用の高速化、外部ビッグデータとの連携が必須となりつつある中、同社は2014年11月に米国Treasure Data Inc.(データ収集から分析まで一貫した技術力に定評がある企業、以下「トレジャーデータ」)およびクラスメソッド社(ビッグデータの運用を高速化する基盤の構築と運用に強みを持つ企業)と協業を開始し、クラウドを活用したマーケティング・コミュニケーションの高速PDCAを実現するデータ解析プラットフォーム「Dentsu.io」の提供を行ってきた。

これまでの「Dentsu.io」は、電通オリジナルデータやクライアント保有のログデータを分析・可視化することで、主にクライアントデータ上の見込顧客に対する販促活動フェーズでクライアント企業に貢献してきた。一方、新型では、メディア/広告データ、パネルデータ、自社サイト来訪者属性データといった多様なデータが取り込めるデータプラットフォームとしての機能を大幅に拡充し、ビッグデータ上からターゲットとなる生活者をピックアップ。①潜在顧客クラスターの発見と市場ボリュームの把握、②潜在顧客層への効率的な広告配信、③コンテンツ出し分けによる体験価値の向上、をワンストップで提供できる体制を整えた。需要の掘り起こしから目標達成までシームレスに対応する(新型「Dentsu.io」の概念図は下記参照)。

新型「Dentsu.io」の提供に当たり、データを統合的に管理するツールであるDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)※1専業大手のインティメート・マージャーおよび検索エンジンや各種広告からアクセスしてきたユーザーが最初に訪れるページを最適化するLPO(ランディングページ・オプティマイゼーション)※2の最先端ツールを提供するデータアーティストとも新たに協業していくことにした。

インティメート・マージャーが保有する約4億件のオーディエンス関連データ(インターネット上の生活者データ)や、データアーティストの最先端LPOツール「DLPO」が加わることにより、生活者一人一人に的を絞ったマーケティング・コミュニケーション活動がさらに進展する。

今後、電通と協業企業4社は、新型「Dentsu.io」を飲料、食品、自動車、化粧品・トイレタリー、リテール、エンターテインメントなどの企業に提供し、一気通貫の高速マーケティングを支援するとともに、顧客企業が抱えるさまざまなマーケティング・コミュニケーション課題に継続的に応えていけるソリューションの開発を推し進めていく。

同時に、「Dentsu.io」のコアとなる技術を支えるトレジャーデータとの連携をさらに強化することで、新型「Dentsu.io」によるソリューションの高度化、多角化に取り組んでいく。

■新型「Dentsu.io」の概念図

■Dentsu.ioのロゴマーク

<インティメート・マージャーについて>

会社名 : 株式会社インティメート・マージャー

所在地 : 東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズ クロスポイント 5F

代表者 : 簗島 亮次(代表取締役社長)

設立日 : 2013年6月

事業内容: マーケティングアプリケーション開発・販売事業、データマイニング事業

RSCTC 2010 Discovery Challenge(世界最大級の統計アルゴリズムコンテスト)

において世界第3位になったビッグデータ分析の実績を持つ簗島氏が中心になっ

て設立したデータマーケティングカンパニー。日本最大級を誇る約4億件のオー

ディエンス関連データと高い分析技術を用い、主にナショナルクライアントや大

規模ポータルサイトのDMP構築やデータ活用支援、データ解析、データ利用チ

ャネルへの連携事業を行っている。2015年8月時点で同社のDMPおよびマー

ケティングソリューションの導入企業は大手金融機関や消費材メーカーを中心と

して270社を超えている。http://corp.intimatemerger.com/

 

<データアーティストについて>

会社名 : データアーティスト株式会社

所在地 : 東京都渋谷区恵比寿3-46-3

代表者 : 山本 覚(代表取締役社長)

設立日 : 2013年8月

事業内容: マーケティングコンサルティング事業、ソフトウエア事業

LPO事業を軸とする同社は、「お客様が“ひらめき”=“アート”に集中できる環境の構築」を

スローガンに、400社以上へのLPOツールの導入実績で培ったノウハウと技術力を背景に

データサイエンスを追究し、データドリブンなマーケティングコンサルティングとソフト

ウエア提供を行っている。

                  http://www.data-artist.com/

※1 DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム):
企業が持つ自社サイトのアクセスデータ、広告配信データ、顧客データ、その他外部サプライヤーのデータを管理し、広告、メール配信、分析調査などさまざまなデータ活用チャネルと連携するデータ統合管理ツール。

※2 LPO(ランディングページ・オプティマイゼーション):
検索エンジンや各種広告からアクセスしてきたユーザーが最初に訪れるページ(ランディングページ)を最適化することにより、ユーザーがサイトから離脱するのを防ぎ、誘導したいページへと向かわせることなどを目的としたマーケティング手法。

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1006-004272.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ