ドイツ発★世界初の“光の館”OOH ビル正面が丸ごとディスプレーに

klubhausu St. Pauli

多くの来訪者でにぎわうドイツ屈指の繁華街、ハンブルグ市のレーパーバーンに9月23日、世界初のOOHが登場した。エンターテインメントやオフィスなどからなる新複合施設「Klubhaus St. Pauli」のお披露目で人々が目にしたのは、LED照明で覆われ、明るく輝く700平方メートルものファサード(ビル前面部)。マルチメディアなディスプレー機能を持つサイズの異なる3面で構成されている。

この“光の館”のディスプレーには、広告やブレーメンのアーティスト集団「アーバンスクリーン」の作品が掲出され、今後はコンサートやスポーツイベントの生中継なども行われる予定。また、来訪者のツイッター投稿が15分ごとに現れるなど、インタラクティブ装置としての機能も持つ。

Klubhaus St. Pauli
広告掲出第一弾はモンデリーズ・インターナショナル の「ミルカ」。滝のように流れるチョコレートの映像に歓声があがった

ファサード全体がLEDで覆われるOOHは世界初で、インタラクティブメディアとしても欧州最大の面積となる。電通イージス・ネットワーク傘下のポスタースコープ・ドイツが、スポンサードやコンテンツパートナーシップなどのメディア業務を一手に担う。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ