電通、ブラジルのモバイルマーケティング・エージェンシー
「ポントモビ社」の株式100%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、急成長するブラジルのモバイル広告市場に対応するため、同国のモバイルマーケティング・エージェンシー 「Pontomobi Tecnologia Informatica, Ltda.」(ポントモビ社)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。
なお、本買収の実現のためには、ブラジル規制当局の承認が必要になる。

2007年に設立されたポントモビ社は、現在ではモバイル領域においてフルサービスを提供するブラジル有数のモバイルマーケティング・エージェンシーへと成長している。企業や商品・サービスに関するモバイル戦略の策定やコンサルティング、ウェブサイトの構築やアプリ・ゲーム開発のほか、自社で開発したモバイルマーケティング専用プラットフォームを活用した各種ソリューションを提供している。プラットフォームの活用例には、SMS(ショート・メッセージ・サービス)を使ったプッシュ型のプロモーションやクーポンを活用したサービスなどがある。

今後電通グループは、ポントモビ社を電通グループの8つのグローバルネットワーク・ブランドの1つで総合デジタルエージェンシーであるIsobar(アイソバー)のネットワークに組み込み、社名ブランドを「Pontomobi - Linked by Isobar(ポントモビ・リンクト・バイ・アイソバー)」に変更し、ブラジルに展開するグループ各社との連携を図りながら、よりイノベーティブなソリューションを提供していく。

【ポントモビ社の概要】
社名:Pontomobi Tecnologia Informatica, Ltda.(ポントモビ社)
本社所在地:ブラジル サンパウロ市・ベロオリゾンテ市に支店を構える
設立:2007年1月
株主構成:買収手続き完了後 電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):1,983万レアル(約6.2億円)(2014年12月期)
代表者:Leonardo Xavier(CEO)
従業員数:89名
事業内容:モバイルマーケティング領域全般のソリューションを提供

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1015-006270.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ