「メセナアワード2015」発表

企業メセナ協議会は10月15日、「メセナアワード2015」の受賞活動7 件(「大賞」1 件、「優秀賞」5 件、「特別賞:文化庁長官賞」1 件)を発表した。

同アワードは、芸術・文化を通じた社会創造の観点で特に優れた活動を顕彰している。今年は、大日本印刷の「ルーヴル – DNP ミュージアムラボを起点とした美術鑑賞ワークショップ」が大賞を獲得。自社の技術を生かしてルーヴル美術館や教育機関とのコラボレーションによる美術鑑賞ワークショップを開発し、長期にわたり子どもたちの豊かな感性を育む取り組みが評価された。

他にも、音楽、美術鑑賞教育、写真、ものづくり、伝統文化などさまざまな地域の多彩な活動が出揃った。
贈呈式は11 月20 日に都内で予定されている。

受賞リストおよび活動の詳細はこちら(受賞活動発表プレスリリース)。
企業メセナ協議会ウェブサイト http://www.mecenat.or.jp/ja/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ