セーラームーン、アトム、ケンシロウらのその後は? 

ソフトバンク新CMシリーズがスタート 

一夜限りのスペシャルCMは10月20日オンエア!

ソフトバンクは10月20日から、新テレビCM「MOON RIBAR」編の放送をスタートする。同日の午後8時53分ごろ(番組編成上、変動の可能性あり)には、全国の民放テレビ局で一夜限りの60秒スペシャルCMを局別に5パターン放送し、以降は通常版を放送する。

 

新CMシリーズは、キャッチフレーズ「スマホたのしいソフトバンク」の下、「美少女戦士セーラームーン」や「鉄腕アトム」「北斗の拳」など、子ども時代に夢中になった人気アニメの主人公たちが時を経て、何げない日常とスマホでのコミュニケーションを楽しむ姿を実写で表現した。

ママ(元セーラームーン )小泉今日子さん      

アトム(元鉄腕アトム)
堺雅人さん
ゴルゴ(元ゴルゴ13)
小日向文世さん
ケン(元ケンシロウ)
市川海老蔵さん

ジョー(元矢吹丈)   

又吉直樹さん        

ちゃま(元おぼっちゃまくん) 満島真之介さん
まる子(元ちびまる子ちゃん) 広瀬すずさん
お父さん

メーンの舞台は、古いマンションの屋上にある会員制のバー「MOON RIBAR」。プロローグとなるCM第1弾では、元セーラームーンで今はバーのママとなった小泉今日子さんや、元アトムの堺雅人さん、元ケンシロウの市川海老蔵さんら7人の登場人物と白戸家のお父さんたちの様子が描かれる。豪華キャストが演じる、多彩なキャラクターと髪形や服装、トレードマーク、メッセージスタンプなど、それぞれの個性を感じさせる仕掛けも見どころだ。続編(放送日未定)からは、各キャラクターによる本格的な掛け合いがスタートする。また、楽しみなCMが増えた。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ