10月18日は「冷凍食品の日」
〜ココロにおいしい、冷凍食品〜
石田ひかりさんがオリジナルレシピを披露

日本冷凍食品協会は10月15日、東京・中央区のロイヤルパークホテルで「10月18日は『冷凍食品の日』〜ココロにおいしい、冷凍食品〜」のPRイベントを開催した。

「冷凍食品の日」は毎年10月18日。冷凍の「凍」(=10)と冷凍食品の世界共通の管理温度のマイナス18℃以下という数字にちなんで、1985年に同協会が制定した。それに合わせて毎年PRイベントを実施している。

今回は10月18日が誕生日や結婚記念日の方を優先的に抽選し、選ばれた100組200人が会場に招待された。

同協会の伊藤雅俊会長(味の素会長)の「冷凍食品は夢のある未来の食べ物」という開会のあいさつで第1部がスタート。ゲストの石田ひかりさんが登場し、伊藤会長と冷凍食品にまつわる食生活などを話題にトークセッションを行った。

「以前はあまり冷凍食品は使っていなかったんです。でも友人から冷凍食品の安全性とおいしさと便利さ、お弁当の保冷としてもいいという話を聞いてから欠かせなくなりました」と小学5年生と6年生の2人の娘を持つ石田さん。

家庭での様子を聞くと、普段は厳しい母親とのこと。「世界には食べられない人もいるのに、あなたたちは食べる物を選べるんだよと、いつも説教しています。好き嫌いは言わせません」と女優とは違う母親の顔をのぞかせた。

イベントでは子どもたちへのお弁当の写真を披露し、冷凍食品のハンバーグやミックスベジタブルを使った石田ひかりオリジナルレシピのドライカレー作りを実演。会場にはカレーのいい香りが漂い、第2部の試食会へ出席者を誘った。

第2部は会場を移して、ロイヤルパークホテルのシェフが考案した冷凍食品を使った料理を参加者が試食。会場には先の石田さんオリジナルレシピのドライカレーも供され、自ら参加者に振る舞う光景も見られた。一流シェフに調理された冷凍食品料理に、参加者は舌鼓を打ち大満足の様子を見せていた。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ