第58回「新聞広告の日」記念式典開く

日本新聞協会は10月20日、第58回「新聞広告の日」記念式典を港区の東京プリンスホテルで開いた。新聞社や広告主企業、広告会社などから610人が参加。第35回「新聞広告賞」、2015年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」の贈賞式などを行った。

白石興二郎会長(読売新聞グループ本社社長・読売新聞東京本社会長)は「これからも新聞社の持つ機能と総合力を生かしながら、新聞広告の発展に努める」と開会あいさつを行った。

 
来賓として全日本広告連盟の大平明理事長(大正製薬相談役)が登壇し、「受賞作をはじめ今年は新聞広告への意義・関心が高まり、広がりもあって面白かった。2020年に向け、ますますクリエーティビティーを高め、新聞広告の在り方を見つめて新しい概念をつくり、日本を元気にし、地域創生にも加わってほしい」と語った。

 
続いて、日本広告業協会の髙嶋達佳理事長(電通会長)が「新聞大会に合わせて大阪市で実施された『あしたの一面展』の会場では、若い人が新聞を手に取っていたのが印象的だった。こうしたイベントを通して、一人でも多くの新聞の理解者、ファンづくりをしてほしい。広告会社としても新聞の価値向上に努力していく」と述べた。

 
新聞広告賞贈賞式では、9月3日に発表された広告主部門の広告大賞、広告賞、優秀賞と新聞社企画部門の広告賞、奨励賞が授与された。「2015企業広告 50 selfies of Lady Gaga」で大賞を受賞した資生堂の魚谷雅彦社長は「難しい企画だったが、チームワークで実現できた。日本を代表するようなコミュニケーションとマーケティングの世界を追及したい」と謝辞を述べた。

(左から)白石会長、資生堂の魚谷社長、林高広執行役員

 
講評では、中島祥文審査委員(ウエーブ クリエーション代表取締役)が「デジタルで生まれた画像を紙によって実像化した作品は、新しい表現の領域を開いた」と語った。

続いて、「お金」をテーマにした新聞広告クリエーティブコンテスト入賞作品7点の贈賞式が行われた。応募総数1181点の中から最優秀賞には今西宗幸氏(シーズ広告制作会社)の「使用期限をお金にも。」が選ばれた。副田高行審査委員長(副田デザイン制作所主宰)は「最優秀賞は、見る人によって賛否両論あると思う。いろいろな見方を許してくれる表現こそが真の広告だ」と講評した。

新聞広告賞と新聞広告クリエーティブコンテストの入賞作品は、同協会の新聞広告データアーカイブ(http://www.pressnet.or.jp/adarc/)で閲覧できる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ