セコムと綜合警備保障

東京2020 オフィシャルパートナーに

セコムと綜合警備保障は10月20日、2020年東京オリンピック・パラリンピックについて、同大会の組織委員会とオフィシャルパートナーの契約を締結し、千代田区のパレスホテル東京で共同発表会を行った。契約カテゴリーは「セキュリティサービス&プランニング」。

綜合警備保障の青山幸恭社長は、創業者が1964年東京オリンピックの大会運営に深く関わった(組織委員会事務局次長)ことをきっかけに創業したことや、長年にわたり柔道、レスリングなどで多くの日本代表選手を輩出していることに触れ「“日本らしい警備”で大会の成功に貢献したい」とあいさつした。

セコムの伊藤博社長は、会社創立2年目に1964年東京オリンピックで選手村の警備などを行ったのをはじめ、1972年の札幌冬季大会、1998年の長野冬季大会でも警備を担当した

実績を語り「選手が力を発揮し、観客が楽しく応援できる安全で安心な大会にしたい」と話した。

組織委の森喜朗会長は「セキュリティーは、大会の成否に関わる重要事項だ。今回、2社が仲間になり大変に心強い」と述べた。

オフィシャルパートナーは、東京2020スポンサーシッププログラムのうち国内最上位のゴールドパートナーに次ぐもので、今回の2社を含め7社となった。

セコム リリース:http://www.secom.co.jp/corporate/release/2015/nr_20151020.html

綜合警備保障 関連サイト:http://www.alsok.co.jp/tokyo2020/

組織委 ニュースサイト:https://tokyo2020.jp/jp/news/index.php?mode=page&id=1523

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ