マツコさん

おでこのマークは何ですか?

ホクレン農業協同組合連合会と北海道米販売拡大委員会は10月21日、港区のシェラトン都ホテル東京で平成27年度北海道米「新米発表会」を行った。

同連合会の佐藤俊彰会長は「今年も北海道米は豊作になった。今後も安全・安心な農畜産物を安定供給していく」とあいさつ。タレントのマツコ・デラックスさんを起用した、新テレビCMを制作したと述べた。“北海道米の新たなブランド形成協議会”の東廣明会長は「おいしい新米を届けることは、生産者として喜びだ。北海道が日本一の米どころになるよう努力を続ける」と話した。

同連合会米穀部の南章也課長は、「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」の3品種が、平成26年産食味ランキングで「特A」評価を獲得したことや、北海道米のおいしさの特長について説明。また、テレビCMにより「ゆめぴりか」にだけ付けられる「北海道米の新たなブランド形成協議会認定マーク」」を訴求していくと語った。マークは、同協議会が定めた品質基準をクリアした「ゆめぴりか」だけに表示される、おいしさの証ともいえるもの。ネーミングは“日本一おいしい米を”という道民の夢にアイヌ語で「美しい」を意味する「ピリカ」を合わせた。

CMの一場面
認定マーク

「このマークは何?」編は、料亭を訪れたマツコさんが額に付いたマークについて、店の大将とコミカルなやりとりをする内容で、10月24日から放送される。マツコさんは一昨年、昨年に続いての起用だ。

丁々発止のトーク 
佐藤会長(右)と東会長

ステージには、CMと同じ着物姿のマツコさんが登場。撮影は、大将役がいない一人芝居だったことや、大将は以前のCMと同一人物で実は電通北海道の社員だと明かした。3年連続の起用については「ホクレンは、私の切り時を見失っている」と笑わせた。新米を試食して「もちもちした食感が“おこわ”のようだ。これでおはぎをつくりたい」と絶賛。「今や一番の米どころは北海道と断言したい」とアピールした。また、司会者を愛情のある“いじり”で追い詰めるなど、終始楽しいトークを展開。「ゆめぴりか以外の北海道米もよろしく!」と締めた。

ミス北海道米

ホクレン ニユースリリース:http://www.hokuren.or.jp/news/detail.php?id=341

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ