電通、カザフスタンのバレーボール選手、サビーナ・アルシンベコバ氏の
独占マーケティング権を取得

電通は10月29日、カザフスタン共和国のバレーボール選手であるサビーナ・アルシンベコバ(Sabina Altynbekova)氏のワールドワイド(カザフスタン除く)での独占マーケティング権(2015年11月1日から1年間)を取得したと発表した。

アルシンベコバ選手は、2014年7月に台湾で開催された第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会(U-19)にカザフスタン代表として参加した実績を持ち、現在では東アジア(主に日本、韓国、台湾、中国)や東南アジア(主にインドネシア、タイ)においてもよく知られる人気選手となっている。同選手のInstagramにおけるフォロワー数は、2014年の大会後の20万人から本日現在では50万人を超えており、大幅に増加している。

https://instagram.com/altynbekova_20/

またアルシンベコバ選手は今シーズンより、一層の技術向上に努めるため、日本バレーボールリーグ機構が主催し11月14日に開幕する「V・チャレンジリーグⅡ」所属のチーム「GSSサンビームズ」に入団することが決まっている。

同社はこれまでも、多くのアスリートのマネジメント業務に携わってきたが、今回が初めての外国籍のアスリートとなる。今後は、アルシンベコバ選手を広告に起用するなど、多角的なマーケティング活動を展開していく。

【サビーナ・アルシンベコバ選手のプロフィール】
氏名:サビーナ・アルシンベコバ(Sabina Altynbekova)
生年月日:1996年11月5日(18歳)
身長:182cm
最高到達点:298cm
所属:GSSサンビームズ(V・チャレンジリーグⅡ)
※GSS(グリーン・サポート・システムズ)は東京都中央区に本社を置く人材派遣会社。
在籍大学:Al-Farabi Kazakh National University(アルファラビ・カザフ国立大学)2年生
代表歴:
第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会 第7位(2014年7月)
第9回アジアユース女子バレーボール選手権大会 第7位(2012年10月)

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ