東京モーターショーと同時開催

「スマートモビリティシティ2015」(動画あり)

10月29日に東京ビッグサイトで開幕した「東京モーターショー」会場で、主催者テーマ事業「スマートモビリティシティ2015」が同時開催されている。

テーマパーク型のエキシビションとして「もっと自由に… クルマが変わる、くらしが変わる、社会が変わる。」の下、これからのクルマを取り巻く社会システムに関連する20以上の企業・団体が出展。次世代のモビリティと社会環境の多様性を体感できる。

 

 
 

主催者展示の「ステーションコア」では、新しい都市交通システムや、省エネ・少子化時代に期待される「超小型モビリティ」を紹介し試乗もできる。「パーソナルモビリティ研究所」では、バランス制御・駆動技術や高齢者・障がい者のための移動支援技術「運転支援ロボティクス」を紹介する。これらも試乗が可能だ。「クルマとICT&E研究所」では自動運転技術や燃料電池車(FCV)、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)などの仕組みと、クルマと情報・エネルギーなどの最新技術を紹介し、モビリティの将来像や夢を伝える。

トヨタ自動車は、交通事故低減に貢献する運転支援システム「ITS Connect」サービスを、ステージ上の模型車でデモンストレーションしている。また、次世代交通システム「Ha:mo」のシェアリングサービスの実証実験や新しい活用法を紹介。展示された新型プリウスも人気だ。本田技研工業は、スマート水素ステーションでエネルギーを「つくる」、燃料電池自動車でエネルギーを「つかう」、EVなどの電力をコミュニティーや家庭・施設に供給して「つながる」というスタイルを提案している。市販予定の新型FCV「クラリティ フューエルセル」も注目が集まっている。屋上展示場では各メーカの車両を使い、自動運転、運転支援システムのデモンストレーションが実施される。

スマートモビリティシティ公式サイト:http://www.tokyo-motorshow.com/smc/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ