米国発★ブランドコミュニケーションにemojiが大流行 

ドミノピザが、ツイッターに絵文字を投稿することでピザがオーダーできる「emoji ordering」で、今年のカンヌライオンズのチタニウム部門でグランプリを獲得したことはまだ多くの人の記憶に新しいと思われるが、ブランドや企業のコミュニケーションにおけるemoji(絵文字)の活用が増えている。

フォードのフォーカスはミレニアル世代向けに絵文字のキーボードを用意。「安全運転」「レッツゴー」などのフレーズと組み合わせた。9月に立ち上げて以来10日間で2万5000のダウンロードがあり、さらにSNSで4万回以上のシェアにつながったという。

デルが実施した「Back to School」(新学期)キャンペーンでは、ダウンロードされたemojiは平均8人にシェアされたという。ナイキは昨年、フェイスブックのメッセンジャーと自社のフットボールアプリのために絵文字を用意し、フットボール選手に絵文字での自己表現を喚起した。

emoji
様々な企業やブランドがemojiを活用している Credit: Courtesy Swift

ユニリーバのダブは「絵文字はストレートヘアばかり」であることを発見。縮れ毛の女性のためのDove Quench製品のプロモートに関連して、「Love Your Curls」絵文字を公開した。肌の色と髪型が選べ、バリエーションは131にのぼる。同社のヘアケア製品担当副社長、ロブ・カンデリーノ氏は「米国人の73%がemojiを使っており、emojiはすでにコミュニケーションの重要な手段。3人に一人が縮れ毛なのに、絵文字に反映されていないのはおかしい。調査の結果、縮れ毛の女性のうち自分の髪が好きと答えたのはわずか10%で、多くの女性が自分の縮れ毛に引け目を感じている。絵文字がないという状況はその疎外感を増長していた」と語る。すでに昨年公開された動画「Love your Curls」は、1日で930万回視聴された。「Love Your Curls」emojiはアップストアやグーグルプレイで無料ダウンロードできる。

emoji

Credit: Unilever

 

出典 Ad Age
Ford, Domino's, Dell, Others Work to Translate the Language of Emojis
Dove Launches Curly-Haired Emojis to End Straight-Hair Dominance

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ