電通、アイルランドのOOH専門の広告会社「PMLグループ」の
株式95%を追加取得することで合意

電通の海外子会社、グローバルネットワーク・ブランドの1つで、OOH領域(Out of Home Media:屋外/交通広告)を専門とするPosterscope(ポスタースコープ)は11月13日、アイルランドのOOH専門の広告会社「PML Group」(PMLグループ)の株式95%を追加取得することにつき、同社株主と合意したと発表した。同社株式の5%は既に電通の海外本社である「電通イージス・ネットワーク」が保有しているため、本件合意により同社を完全子会社化することになる。

1982年に設立されたPMLグループは30年以上の歴史を持ち、その傘下にはアイルランドのOOH業界で最大手のPML、第2系列として2008年に設立されたSource out of home Ireland、掲出のモニターを行うPoster Audit Bureauなどがある。過去のキャンペーン事例をもとに開発した独自の統合データベースと効果測定手法を活用し、顧客企業のニーズに合わせてOOHのプラニングから実施までをワンストップで提供している。その質の高いサービスは、内外の顧客企業から高く評価されている。

現在電通グループは、メディア領域のサービスブランドとしてCarat(カラ)とVizeum(ビジウム)を、デジタル領域のブランドとしてiProspect(アイプロスペクト)とIsobar(アイソバー)を、またOOH領域のブランドとしてPosterscope(ポスタースコープ)をアイルランドで展開しているが、今回の買収により、OOH領域を格段に強化することが可能になった。


【PMLグループの概要】
社名:PML Group(PMLグループ)
本社所在地:アイルランド・ダブリン市
        ・英国・ベルファスト市に支社を構える
設立:1982年1月
株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
収益:640万ユーロ(約8.5億円)(2014年12月期)
代表者:Christopher James Cashen(CEO)
従業員数:41人
事業内容:OOH領域を中心とした広告コミュニケーション・サービス


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1113-008459.html 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ