電通、東南アジア最大級の日本ポップカルチャーイベント
「アニメフェスティバルアジア シンガポール2015」に今年も参画

電通は、11月27~29日にシンガポールで開催される日本ポップカルチャーのイベント「アニメフェスティバルアジア シンガポール2015」に、昨年に引き続き出資することを決定した。日本コンテンツの発信源として昨年9万人を動員した本イベントにおいて、同社が培ってきたノウハウやリレーション、海外ネットワークを活用し、日本文化のさらなる発信、日系企業やコンテンツ企業のプレゼンス向上に寄与していく。また、日本を代表するイラストSNS「pixiv」を運営するピクシブと連携し、クリエイターアイドルグループ「虹のコンキスタドール」を起用したPR展開やSNSを活用したデジタル展開を図り、イベントのさらなる認知向上と誘客を図っていく。

また、共同出資者で、現地で日本のポップカルチャー、コンテンツの紹介などを手掛けるSOZO社、興行の企画・制作を行うZeppライブとも連携し、イベントのさらなる価値向上を図る。

2008年に同社子会社の電通シンガポールなどが主体となってスタートした本イベントは、最新アニメの上映会や声優によるトークショー、日本のアイドルなどによるコンサート、ファッションショーなど現地の若者インサイトをとらえた企画を実施。また、現地と日本のデジタル事情を生かしたプロモーション展開により年々来場者が増加し、東南アジア最大級の日本のポップカルチャーイベントへと発展している。

電通は2013年11月、クールジャパン関連事業の支援強化を目指し、社内横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」を始動させた。その活動の一環として本イベントに参画することで、訪日旅行の促進、日系企業や日系コンテンツの東南アジア進出支援、現地でのテストマーケティングや若者向けコミュニケーションの場の創出などに努めていく。

<イベントの概要>

イベント名:Anime Festival Asia Singapore 2015

日時:2015年11月27日(金)~29日(日)

会場:Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre

主催:SOZO、電通、Zeppライブ

構成:物販ブースが並ぶ「エキシビションエリア」、コスプレ他各種コンテストやゲストの登壇と最新アニメの上映会などが行われる「ステージ」、東南アジアでは最大規模の複合J-POPアーティストライブが開催される「コンサート」の3つの柱で構成。

詳細はURL(http://www.animefestival.asia)。

■ロゴマーク

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1116-008483.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ