年末ジャンボ宝くじ&年末ジャンボミニ7000万発売記念イベント

1等・前後賞合わせて10億円という宝くじ史上最高額の当せん金が設定される「年末ジャンボ宝くじ」、そして1等7000万円が190本用意される「年末ジャンボミニ7000万」の発売記念イベントが11月25日、東京・中央区にある宝くじ売り場・西銀座チャンスセンターで行われた。

高額当せんの多さで人気の同売り場には徹夜組を含む約1400人が列をつくり、午前8時30分に窓口が開くと夢を乗せて宝くじを買い求めた。

売り場前の特設ステージには、テレビCMに出演している米倉涼子さんと原田泰造さんが登場し、「年末ジャンボ宝くじ」と「年末ジャンボミニ7000万」の高額当せん金についてトークを展開。宝くじ発売70周年を記念した70周年記念賞70万円が1万800本も設定されると聞くと、そろって驚きの表情を見せた。

10年ぶりにテレビCMキャラクターに復帰した所ジョージさんがサプライズゲストとして登場し、和気あいあいとした撮影現場のエピソードを披露。

「もし10億円と7000万円が当たったら?」の質問に対し、米倉さんは「セレブ留学と慰安旅行」、原田さんは「サウナ経営と豪華ホームシアター購入」、所さんは「世田谷ベース拡張と高級ワンボックスカー購入」とそれぞれ使い道を語り、最後は7億円分の札束の山に3人で1億円分ずつ札束を積み重ね、夢いっぱいの「10億円ツリー」を完成させた。

12月22日まで販売され、当せん番号の抽せんは12月31日に行われる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ