「ラジオは、いま買え。」ワイドFM開局

TBSラジオ&コミュニケーションズ、文化放送、ニッポン放送の在京AMラジオ放送3社は今日12月7日、午後1時にFM補完放送「ワイドFM」を開局する。
それに伴い同日、3局合同で開局特番を放送。統一の広告キャンペーンも展開する。

新聞15段広告のビジュアル
新聞15段広告のビジュアル

開局の理由は、首都直下地震などの大災害による放送設備被害などへの「災害対策」、雑音障害などによる「難聴対策」だ。昨年9月3日に総務省からFM補完中継局の予備免許を交付されて以来、3局共同で墨田区の東京スカイツリーに送信アンテナを設置、試験電波を発射するなど、準備を進めてきた。

電波は東京スカイツリーの3局共同アンテナから、出力7キロワットで送信され、東京都23区と埼玉県・千葉県・神奈川県の主要都市周辺で従来のAMラジオに比べクリアな音質で聴くことができる。

周波数はそれぞれTBSラジオが90.5メガヘルツ、文化放送は91.6メガヘルツ、ニッポン放送は93.0メガヘルツ。従来のカーラジオをはじめ、90.0メガヘルツまでしか受信できないラジオでは聴くことができない。

しかし、キャンペーンのメーンコピー「ラジオは、いま買え。」の通り、ワイドFM開始に合わせて、メーカーから対応受信機が続々と発売されており、今回のキャンペーンを機に端末普及が期待される。
対応受信機一覧はこちら(ワイドFM推進委員会サイト内)。

ワイドFMの詳細は下記特設サイトで。
ワイドFM公式サイト http://widefm.jp/
TBSラジオ&コミュニケーションズ http://www.tbs.co.jp/radio/jokr_fm/
文化放送 http://www.joqr.co.jp/widefm/
ニッポン放送 http://www.1242.com/kaikyoku/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ