『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
来日記者会見

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは12月18日の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開に先駆け、来日記者会見を11日、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで行った。
記者会見には、J.J.エイブラムス監督とレイ役のデイジー・リドリーさん、フィン役のジョン・ボイエガさん、カイロ・レン役のアダム・ドライバーさん、新キャラクターBB-8が登場。本作への思いや、魅力を語った。

左からジョン・ボイエガさん、デイジー・リドリーさん、J.J.エイブラムス監督、アダム・ドライバーさん、中央にBB-8


J.J.エイブラムス監督は「こんにちは」とまずは日本語であいさつ。「本作の魅力はなんといってもキャラクターの人間性。それは文化や国も超えている。今回の新しい冒険もきっと日本人に気に入ってもらえると考えている。私が日本を大好きなように」とアピール。今回のキャスティングについて「デイジーやジョンたちは、若いけれどハートが強く、才能がある。そして何よりもユーモアがある」と話した。最後に“日本の皆さんにとっておきのプレゼント”として「本作に“タコダナ”という惑星が出てくる。実は私が日本で初めて宿泊した場所が高田馬場だったので、それをもじって付けたんだ」と明かし、会場を盛り上げた。

ドライバーさんは、悪役のカイロ・レン役について「日本映画、特に黒澤映画の影響を受けている。“七人の侍”“隠し砦の三悪人”などを見て学んだ。それから自分自身のキャラクターづくりをしていった」と話し、ボイエガさんは「初めての日本。日本人は素晴らしい。秋葉原に行ってクールなモノをたくさん買ったよ」と語った。リドリーさんはハリソン・フォードさんら前作からの共演者について「とても優しくて、すてきな役者。そして、スター・ウォーズに対しての熱い気持ちを持っている」と語った。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ