電通、フランスのクリエーティブエージェンシー
「セイム・セイム社」の株式100%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は12月16日、フランスの有力クリエーティブエージェンシー「Same Same Agency SAS 」(セイム・セイム社)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意したと発表した。

2009年に設立されたセイム・セイム社は、広告戦略の策定とデジタル領域を含むクリエーティブやコンサルティングのサービスに定評があり、世界的に知られるラグジュアリー・ブランドやプレミアム・ブランドを展開する顧客企業にサービスを提供している。現在、150人の従業員を抱え、パリ、ニューヨーク、上海、香港に拠点を展開している。

買収後はセイム・セイム社を電通グループのグローバルネットワーク・ブランドの一つである「mcgarrybowen」(マクギャリーボウエン)のネットワークに組み入れる。

これにより、mcgarrybowenの欧米亜をつなぐグローバルネットワークがさらに強化・拡充され、戦略市場におけるプレゼンスを高めることが可能になる。またセイム・セイム社は、電通グループ各社との連携により、フランスではフルサービスを提供する広告会社としてのポジション獲得を目指す。

【セイム・セイム社の概要】
社名:Same Same Agency SAS(セイム・セイム社)
本社所在地 : フランス パリ市・ニューヨーク、上海、香港に支社を構える
設立:2009年9月
株主構成:出資後、電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):5019000ユーロ(約6.7億円)(2014年12月期)
代表者:Michel Campan(President)
従業員数:150人
事業内容:広告戦略の策定とデジタル領域を含むクリエーティブ制作とコンサルティング

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1216-008598.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ