第35回「東京広告協会白川忍賞」決まる

広告の発展・向上に貢献した人物に贈られる第35回「東京広告協会白川忍賞」が12月9日、博報堂DYホールディングス会長・博報堂会長の成田純治氏に決定した。
また、日本アド・コンテンツ制作社連盟理事長の野末敏明氏(元電通常務)に特別功労賞が贈呈されることになった。贈賞は、来年2月23日に都内で行われる。

同賞は1947年に設立された日本広告会(現東京広告協会)の初代理事長・故白川忍氏
から贈与された寄付金をもとに、同氏の広告界での卓越した業績をたたえて1982年に制定された。

詳細はこちら(東京広告協会ニュースリリース)。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ