ArounD 30 ○○をもっと面白くするアイデア #03

「にがてなひととのかかわり方を」面白く

  • 井本 善之
    株式会社電通 第2CRプランニング局 アートディレクター

電通の若手アートディレクターが考える「○○をもっと面白くするアイデア」をご紹介。今回は、井本善之さんによる「にがてなひととのかかわり方」です。

“にがてなひととのかかわり方をおもしろく”いもとよしゆき

実は“僕のことを苦手な人”と話すのがすごく苦手で

──なぜ「にがてなひととのかかわり方」を面白くしたんですか?

井本:広告会社の仕事って、コミュニケーションがすごく大事ですよね。だから、人とのコミュニケーションをテーマにしようと考えていたんですけど、実は“僕のことを苦手な人”と話すのがすごく苦手、というなんともしがたい欠点がありまして…。なので、うまい関わり方ができたらいいなあと願って、そこからもんもんと膨らませていきました。

──解決方法(?)が12個ありますが、すぐに思いつきましたか?

井本:比較的すぐ思いつきました。

──ぜひ、同じ悩みを抱えている人たちに見てもらいたいですね。

井本:はい。でも、全然オススメしませんけどね(笑)。

「にがてなひととのかかわり方を」面白く

「家系ラーメン」と「名探偵コナン」からのインプットが…

──今気になっているモノ・コトを教えてください。

井本:そうですね…、「家系ラーメン」と「名探偵コナン」ですかね。今というか15年以上続いています。

──ラーメンが好きなんですね?

井本:はい。自宅に炊飯器ないんで毎日外食なんですけど、半分くらいラーメンです。とはいえいろんなところ食べ歩いてるわけではなく、同じようなところを延々と食べ続けているので、「どこのラーメンがおいしいの?」的な質問されるとあたふたします。

あと「名探偵コナン」は、もう好きっていうか見ないではいられないというか。ほっとけないというか、無視できないというか。深いようで、浅いというか。浅いようで、深いというか。短編の繰り返しのようで、大長編であるというか。正直面白いと思ったことはほとんどないんですが(笑)、無意識に見てしまっている感じです。結構犯人当てられるようになってきました。

──ラーメンと「名探偵コナン」のインプットは、作品に生きてくるんですか?

井本:ぜんっぜん生きてこないですけど(笑)、もはや生活の一部になってる感じです。

プロフィール

  • 井本 善之
    株式会社電通 第2CRプランニング局 アートディレクター

    1984年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。
    主な受賞に、ニューヨークADC賞Silver、D&AD Nomination・in book、ONE SHOW Merit award、Ad Stars Finalist、ADC入選、毎日広告デザイン賞優秀賞、朝日広告賞部門賞、AAAシルバー、JAA最高賞など。著書に「クリ活 広告クリエイターの就活本」(宣伝会議、2013年)。マスナビにて講義多数。

バックナンバー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ