ISIDがスマホ向けエリア限定型配信プラットフォーム「potaVee」販売開始~イベント会場などで来場者のスマホに情報を発信

電通国際情報サービス(ISID)は11月13日、スマートフォン(スマホ)向けのエリア限定型配信プラットフォーム「potaVee(ポタビ)」の提供を開始した。

ポタビは、Wi-Fiを利用して特定エリア向けに映像・音声・テキストなどの情報を同時配信するプラットフォーム。イベント会場、スポーツ施設、劇場などで、エリア内に特化したきめ細かい情報を、多数の来場者のスマホやタブレット端末に同時に配信することができる。iOSやアンドロイド端末の他、エリアワンセグ技術と組み合わせることでワンセグ搭載端末にも対応でき、幅広いデバイスにサービスが提供可能。自治体や教育機関などにおける災害時の防災放送への応用もできる。

ブランド名のpotaVeeには、「portable vision=持ち運べて手元でさまざまな情報を得られる、新しい映像配信の仕組み」という意味を込めた。コンテンツ配信サービスの新たな市場を開拓するプラットフォームとして、今後、イベント運営事業者や各種商業施設、自治体や教育機関などに提供していく。

モバイルデバイスの普及に伴い、Wi-Fiを利用した配信サービスの市場が拡大する中、従来のWi-Fiは端末ごとに1対1で情報を送る仕組みのため、同一エリア内の多数の端末に一斉配信することはできなかった。ISIDは独自のマルチキャスト伝送技術でこの課題に取り組み、さっぽろ雪まつりや鈴鹿サーキットなどの大規模イベント会場で実証実験を重ね実用化に成功した。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ