「Pepper World 2016」開催 

ロボットが身近にいる未来を体験

■ 「Pepper World 2016」

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは1月27、28の両日、東京・中央区のベルサール汐留で、人型ロボット「Pepper」の法人活用事例などを紹介するイベント「Pepper World 2016」を開催した。

Pepperは2015年6月の一般販売開始から7カ月連続で完売が続き、ビジネスの場でも幅広く活用されている。同年秋に提供を始めた法人モデル「Pepper for Biz」は、それぞれの業態に合わせたアプリケーションのカスタマイズが容易で顧客分析機能もあるため、導入する企業が増加している。

■ 「Pepperだらけの携帯ショップ」を発表

初日のイベント開始に先立ち、同所では記者説明会が行われた。ソフトバンクの宮内謙社長は、法人モデルを導入した企業が500社を超え、生産現場以外でのロボット活用が本格化していることを受けて、「2016年はスマートロボット元年だ」と述べた。特にみずほ銀行がPepperをコンシュルジュとして採用した結果、今では全国約37の金融機関に導入されているケースを紹介。さらに自動車ディーラーや飲料メーカー、スーパーマーケット、家電量販店、介護施設などでも活用され、集客や売り上げアップに貢献していると説明し、“接客データの見える化”ができることが大きな武器になっていると話した。

ソフトバンクロボティクスの冨澤文秀社長は、すでに200社以上のアプリ開発パートナーからエントリーの申し出があると話し、今後さまざまなアプリを開発するとともに、世界の最新テクノロジーと提携することで、導入施設・企業に明確な貢献ができることを目指すと語った。また、Pepeerの世界進出も視野に入れていると明かした。

続いて宮内社長がPepperを呼び込み、3月28日、東京・港区の表参道にソフトバンクショップを期間限定でオープンすること、それは受付から接客までPepperが行う「Pepperだらけの携帯ショップ」だと発表された。

ステージには、ゲストとして女優の小泉今日子さん、広瀬すずさん、お笑いコンビ・ピースの2人が登壇し「Pepperだらけの携帯ショップ」を体験した。ゲストは、ピース・綾部祐二さんの軽妙な進行で、店長、ご契約、暇つぶしを担当するそれぞれのPepperと会話やゲームを楽しみ、新形態のショップへの期待を語った。

■ さまざまな業態に向けたPepperが集合

「Pepper World 2016」の会場では、受付業務や旅行・観光業務、携帯ショップでの接客、

教育、医療、介護などの現場でPepperを活用できる可能性をデモンストレーションするコーナーや、すでに活用を初めている企業の実例紹介コーナーとともに展開。約50体のPepperを稼働させ、ロボットがさまざまな場面で活躍する未来を提示した。会場は両日とも企業の担当者でにぎわい、Pepper for Bizへの関心の高さをみせた。

Pepper for Bizサイト: http://www.softbank.jp/robot/special/biz/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ