インサイトメモ #01

世代論から探る

「オーディエンス・インサイト」

~Introduction~

  • メディアイノベーション・ラボ
    株式会社電通

〈 掲載日:2010.04.28 〉

コミュニケーション戦略の立案にあたっては、オーディエンスに伝えるべきメッセージ・表現の開発とともに、それを流通させる「最適なメディア戦略」が重要な鍵となります。そうした戦略の策定には、オーディエンスのメディア意識の理解が不可欠です。

メディアイノベーション・ラボでは、オーディエンス視点に立脚した調査・研究により『46(ヨンロク)世代』から『96(キュウロク)世代』といった、生まれた年代別の「世代インサイト」を特徴づけました。

テレビなどのマスメディアに加えて、BS・CS放送、インターネットやモバイルメディアなど、あらゆるメディアに対するオーディエンスの意識が、世代ごとに大きく異なっていることも分かっています。

インサイトメモ vol.2」以降では、世代ごとの特徴や違い、またその根底にあるメディア意識などを詳しくご紹介していきます。

プロフィール

  • メディアイノベーション・ラボ
    株式会社電通

    電通総研メディアイノベーション研究部では、メディアや情報通信環境の変化を着実に捉え、進化し続けるオーディエンス(視聴者)の動向を探っていきます。
    世の中のキザシをいち早く発見し、オーディエンスとの「最適なコミュニケーション」を提案しています。

バックナンバー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ