シチズン 

五郎丸選手とブランドアンバサダー契約

シチズン時計は、ジャパンラグビーのトップリーグで活躍する五郎丸歩選手(ヤマハ発動機ジュビロ)とブランドアンバサダー契約を結び、2月2日に東京・中央区のベルサール汐留で発表会見を行った。

同社は以前から、フィギュアスケートや卓球、ラグビーなど、日本を代表するアスリートを応援。2015年からは、ラグビー日本代表オフィシャルサプライヤーとなり、さらに2016年2月からは、南半球の強豪チームが競う世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」に初参戦する日本チーム「サンウルブズ」のオフィシャルチームスポンサーとして協賛する。五郎丸選手は今季から、同リーグのクイーンズランド・レッズ(オーストラリア)に加入しプレーすることが決定している。

戸倉敏夫社長は、同社はブランドステートメント“Better Starts Now”(どんな時であろうと〈今〉をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ)を掲げ、時計づくりを通して挑戦と改善、革新を続けてきたと話し「五郎丸選手をシチズンファミリーの一員として迎えることになり大変喜んでいる」とあいさつ。

契約について、同選手が“今を変える”ことで未来を切り開き、日本のラグビーやスポーツ界発展のために自ら環境を変えようとしている姿勢に共感したからだと明かした。

グラフィック広告

ステージにはスーツ姿の五郎丸選手が登壇しトークを繰り広げた。アンバサダー就任について、同社がラグビー人気が低いころからサポートしてくれたことに感謝し「これから恩返しができるように頑張りたい」と決意を述べた。また、自身の思いである「今という瞬間を大切にすることで未来は切り開ける」について説明し、シチズンのイメージと重なると話した。広告コピー「今を変えろ。」にちなんで「変えられるものなら、変えたいものは?」の問いに「ブーム」と応じ、ラグビー人気が一過性のブームではなく、しっかりと日本に根付いてほしいからだと答えた。

戸倉社長と握手

五郎丸選手は、以前から同社の腕時計「ATTESA(アテッサ)を愛用。新作について「前のモデルより軽くなった」と印象を語り「海外遠征時に自動で現地時間に合わせてくれる機能が助かる。まさにパートナーだ」と話した。同選手を起用したアテッサのテレビCMや雑誌・ウェブ・交通広告などは3月中旬から展開予定だ。

ATTESA公式サイト:http://citizen.jp/attesa/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ