auの三太郎シリーズ

人気者たちが「豆まきNIGHT」で
ファンと交流

KDDIは節分の日の2月3日、東京・目黒区の恵比寿ガーデンホールで、イベント「桃ちゃん、浦ちゃん、鬼ちゃんと豆まきNIGHT」を開催した。同社が放送中のauの人気テレビCM“三太郎シリーズ”に出演している、俳優の松田翔太さん(桃ちゃん)、桐谷健太さん(浦ちゃん)、菅田将暉さん(鬼ちゃん)が、約200人の学生ファンと交流した。

3人がCMの衣装でステージに登場すると、会場は大きな歓声に包まれた。

来場者からの質問コーナーで「街中で役名で声を掛けられることは?」との問いに、浦島太郎役の桐谷さんは、公園で小学生からCM中で歌った歌の詞を口ずさみながら「“海の~声が~知りた~くて”の人ですか?」と言われた体験を話し、「CMの役をもらったときの感想は?」に鬼役の菅田さんは「裸に黄色と黒のパンツをはき、体を赤や青で塗られるのかと思った」と答え、笑いを誘った。3人は息の合ったトークを展開しながら、菅田さんがCMで見せた和太鼓の演奏を披露したり、スイッチを使った人数当てゲームに挑戦するなど、ファンと共に楽しい時間を過ごした。

また、2月6日放送開始の「auの学割」の新テレビCM「もらえる行列」編が特別上映された。契約者は、25歳まで毎月5ギガバイトのデータ容量をもらえるキャンペーンを告知する内容で、三太郎が「ギガ」を「ネギ」「ムギ」「ヤギ」と混同してエキサイトしていく様子が面白い。

CMは、スペシャルサイトやau公式You Tubeチャンネルで視聴できる。

CMサイト:
http://www.au.kddi.com/pr/3taro/

メーンイベントの豆まきは、一風変わった方法で行われた。3人が発案した掛け声「鬼は内!」「福も内!」「5ギガ ドッカーン!」で天井に吊るされた大きなバルーンを目がけて全員で豆をぶつけると、バルーンが割れて中からカラフルな風船が会場に舞い落ち、新たな歓声が起こった。

興奮冷めやらぬ中、サプライズゲストのアーティスト・AIさんが紹介されると驚きと喜びの声が満ちた。AIさんが、auのテレビCM「春のトビラ・みんながみんな英雄」編の楽曲「みんながみんな英雄」と「ハピネス」を熱唱すると、会場の熱気は最高潮に達した。

松田さんは「AIさんはもうわれわれの仲間だ」と、同編に出てくる大きなおにぎりをプレゼント。AIさんは、翌日が桐谷さんの誕生日だと知ると、ハッピーバースデーの歌をささげるなど盛りだくさんの内容に、ファンは満足げな笑顔で会場を後にした。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ