「エヴェレスト 神々の山嶺」完成披露試写会

映画「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」(配給:東宝/アスミック・エース)完成披露試写会が2月4日、東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLで開催された。

夢枕獏氏のベストセラー小説「神々の山嶺」の完全映画化を実現した本作品は、標高8848メートル、氷点下50度というエヴェレストを舞台に繰り広げられる感動スペクタクル大作。撮影は日本映画として初めて標高5200メートル級の高地で行われ、命を削りながら極限の世界に挑む男たちの姿をドラマチックに描き出している。

試写会場のステージには1000分の1スケールとなる高さ約8.8メートルのエヴェレストパネルセットが用意され、野心的な山岳カメラマン・深町誠を演じた岡田准一さん、山岳史上初の挑戦にとりつかれた孤高の天才クライマー・羽生丈二役の阿部寛さん、2人の男性に運命を翻弄される女性・岸涼子役の尾野真千子さん、さらに佐々木蔵之介さん、ピエール瀧さん、甲本雅裕さん、風間俊介さんら主要キャストに加え、「愛を乞うひと」では日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した平山秀幸監督も登場し舞台あいさつを行った。

岡田さんは「(エヴェレストに登るとき)後ろに阿部さんと尾野さんがいて、弱っているところを見せられないプレッシャーがありました。朝と夜に血中酸素濃度を測るときも、(良好な数値が出るように)ズルして息をいっぱい吸って、本当は苦しいのに苦しくないフリしてやってました」と、過酷な撮影現場でのエピソードを「告白」した。

すると阿部さんも「実はボクもやってました。不屈のクライマーの役なので後輩に負けちゃいけないと思い…」と、隠していた事実を吐露しながら笑顔で岡田さんと顔を見合わせた。

岡田さんと阿部さんが大自然の厳しさについて振り返る一方、尾野さんは「めっちゃ楽しかったです」とコメントし、他のキャストがハードな環境で体重を落とす中、食事が進み過ぎて3キロ太ってしまったことを明かした。

最高に危険で最高に熱い挑戦を描いた同作品にちなみ、「人生で挑戦したいこと」について尋ねられた岡田さんが、「ここに登壇している皆さんと一緒にエヴェレストに登りたいです」と話すと、共演した俳優陣は苦笑いしながら目を伏せたが、尾野さんは「いつかエヴェレストの8000メートル超えに挑戦したい」と意気込みを見せた。

エヴェレスト史上最大の謎に迫る同作品は、3月12日から全国ロードショー。

©2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ