電通、「プログラマティック・ビデオアド」サービスを本格化
― 独自形成の大規模PMPで動画広告を優良面に掲出し、企業のブランディングに貢献 ―

電通は2月12日、日本のデジタル広告における企業ブランディングの強化と市場の活性化に貢献するため、独自形成の大規模プライベート・マーケット・プレイス(電通PMP※1)において動画広告をプログラマティックに優良面に掲出する「プログラマティック・ビデオアド」サービスを本格化し、「Premium Videoシリーズ」として展開していくと発表した。

昨今、動画を活用したプロモーションに対する広告主のニーズは急激な高まりを見せているが、日本ではそのニーズを十全に満たし、企業のブランディングに資するような優良広告枠の在庫は不足している。特に動画との親和性が高いスマートフォン向けにおいて、ユーザーのスマホシフトのスピードに広告環境が追いつけていないという状況がある。

そこで同社は、現在電通PMPにおいて、既に導入済みのGoogle社のDoubleClick Bid ManagerとDoubleClick Ad Exchangeに加え、多彩な動画広告フォーマットに強みを持つTeads※2(ティーズ社)のテクノロジー提供を受ける形で「Premium Videoシリーズ」を展開していくことにした。

「Premium Videoシリーズ」には、現状5種類の広告フォーマット(トップリッチ〈サイト上部リッチ枠〉、ビルボードビデオ〈サイト上部大型枠〉、インリード〈記事文中枠〉、オートプレー〈自動再生動画広告〉、インストリーム〈動画コンテンツ内に流れる動画広告〉)があるが、今までの電通PMPメニューと同様に、ターゲティングを含めた広告配信制御が可能。また、ブランド毀損や低ビューアビリティ・リスクが高いオープンマーケットでのRTB(Real Time Bidding)※3とは異なり、電通PMPに参画している約230※4の媒体社の中から一つ一つ優良広告枠を設定していくため、企業のブランディングに資する高度な動画広告施策が可能になる。

今後同社は、クオリティーの高い掲載面と動画によるリッチな広告表現を通して、企業のデジタルコミュニケーション効果の最大化に貢献していくとともに、引き続き電通PMPサービスラインアップの充実と「Premium Videoシリーズ」の強化を推進していく。

※1 PMP:媒体社が保有する付加価値の高い限定されたプレミアム広告枠を優先的に買い付けること  ができる自動取引の仕組み。

※2 Teads:2011年に設立された同社は、アウトストリーム動画広告とパブリッシャー向けのグローバルな収益化プラットフォームを開発している企業。Teadsのアウトストリーム動画広告ソューションには、記事、スライドショー、ニュースフィードなどのメディアコンテンツに挿入される幅広いフォーマットがある。

※3   RTB:広告枠を1インプレッションごとにリアルタイムで入札できる買い付け方式。

※4 参画媒体社数は2016年2月時点の数となります。           

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0212-008666.html

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ